最後の極太をどう料理しようかな

能美の新築を建てているお客様のご依頼で、和ごころ畳の自然素材への拘りを選んで頂きました。
今回製造するのは、八代産の無染土極太表と宮城産の稲藁床で裏に防虫剤を使わない麻裏の藁床です。
畳表が通常のガッシリした畳表よりもずいぶん厚みが有るので寸法管理に気を使って職人3人でどう料理しようかと協議を致しました。
極太の生産協議.jpg

まずは何時も通りに加熱乾燥釜にかけて殺虫殺菌処理をして、切りシロより内側を止め縫いします。
藁床止め縫い.jpg

(藁床は40センチ位の厚みに整えた藁を約10分の1に圧縮して糸で縫い止めていますので糸を切ると膨れますので、膨れ防止に止め縫いを行います)

1枚作成し、通常からの伸びシロを再計算をしてから、全ての制作に取りかかりました。
框縫い.jpg
一畳一会
どの畳も大切に作ります。

来週の納品でのお客様の笑顔が楽しみだな〜

い草の手作り教室 募集中(^_^)v
http://www.wagokoro.net/komono.htm

拘りの畳屋 和ごころ工房のページ
http://hiroshima-tatami.jp/

畳の情報サイト(^_-)-☆
http://www.wagokoro.net/

関連記事

ページ上部へ戻る