広島で畳の伝統を受け継ぐ技術と信頼の店

株式会社 和ごころ工房

 
秦畳店→秦畳装飾店→株式会社ハタ→株式会社和ごころ工房

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Tel:0120-41-4271
朝9時から夜6時まで
(土曜のみ5時まで)
日祝および第三土曜日定休

素材調査研究研修

2016年7月16日

広島の国産専門の畳屋 和ごころ工房です。

今日も熊本生産した本物の国産表を使って畳作りをしています。
畳表の仕上は生産者の奥さんのお仕事ですが、ここが肝心なんです。

肌触りが良くて気持ちの良い畳が出来上がりました。

国産畳襖専門店 株式会社和ごころ工房
代表取締役 秦郁次郎

———————————————————–

い草の手作り教室 募集中(^_^)v
い草手作り小物教室のサイトです
http://www.wagokoro.net/komono.html

畳の情報サイト(^_-)-☆
広島の畳襖店の情報サイトhttp://www.wagokoro.net/

広島の畳屋のブログ
http://igusa.sblo.jp

広島の畳屋の手作り小物教室等の情報発信
http://wagokoro.sblo.jp

広島のリフォームブログ
http://wagokoronaisou.sblo.jp

拘りの畳屋 和ごころ工房のページ
広島の畳襖店 和ごころ工房http://hiroshima-tatami.jp

社長の手作り 畳の情報サイトhttp://www.wagokoro.net/

2016年2月19日

安芸区矢野東でサッシのコロでお困りを解消して来ました。

近所で襖の貼り替えをさせて頂いたお客様から「品物に満足・仕上が綺麗・仕事がテパキ」と評判になっているらしく、その方から和ごころさんなら、何でも相談に乗ってくれるよと言って下さったらしくて、先日お電話を頂きそく伺いました。見てみるとサッシのコロが完全に壊れていたので、サッシをバラシてコロを預かり部品番号を特定し今日の午後取替に行ってきました。

今日は日和もちょうど良くて、サッシを外しても寒く無くお客様にも負担が少なかったようです。

いつも通りに枠をバラシテコロを入れ替える
「危ないですから慣れていない方は真似をしないで下さい」

ネジが1個異常に固くて、なんぎしましたが、無事に取替えて、傾き調整とクレセント調整を行い完了しました。

サッシのコロです

サッシのコロです

終わった後に畳の入口がベコベコしていて 発砲入りのスチロールが潰れていましたので 6枚 本物の藁床に替えることになりました。

もちろん 国産表を使い 稲藁100%の裏側麻使用です
裏ビニールは選ばれませんでした(*^。^*)

2016-02-19 15.25.08

サッシコロを差込むところです

 

2016-02-19 15.26.16

サッシにコロを差込みました

お困りの方は何時でも相談下さい。
0120-41-4271 フリーダイヤル ヨイ シツナイまで
担当 ハタです

定休日:日曜・祝日・第三土曜日

 

2015年5月17日

今日は今人気のモダン障子を納めてきました。

玄関の横なので、とってもオシャレで
可愛い似顔絵とも、マチングがバッチリです!(^^)!

お客様は200%満足(*^_^*)でしたよ~</span>

2015-05-17 09.31.18

 

 

い草の手作り教室 募集中(^_^)v
い草手作り小物教室のサイトです
http://www.wagokoro.net/komono.htm

畳の情報サイト(^_-)-☆
広島の畳襖店の情報サイトhttp://www.wagokoro.net/

広島の畳屋のブログ
http://igusa.sblo.jp

広島の畳屋の手作り小物教室等の情報発信
http://wagokoro.sblo.jp

広島のリフォームブログ
http://wagokoronaisou.sblo.jp

拘りの畳屋 和ごころ工房のページ
広島の畳襖店 和ごころ工房http://hiroshima-tatami.jp/

2014年6月28日

昨日は龍鬢表(床の間の畳に良く使われる)を生産されている、山根商店さんに伺いました。
素材のい草や織りの事からお聞きし始めると、何かが違う?と感じながら聞いてみると、
今までの固定観念が脆くも崩れ去りました。

これは床の間専用としか考えていない自分に気がつかされたのでした。

この龍鬢表は、織上げ前のイ草を天日で丁寧に満遍なく黄金色に焼き、畳の最高の色を奏でています。

IMG_6150.jpg

この行程で水槽にドップリと浸けて立てかけ 水が切れた状態で土の上に広げ、お日さまで日焼けさす、これを繰り返します。
この行程では、日焼けるだけでは無くて、刈取り直後の乾燥で表皮が細かなシワシワになりながら細くなっていますが、この行程でイ草が膨らみます。
これを織上げて床に使うと通常の畳表よりフワッとするように感じました。
これは良いぞ〜

IMG_6162.jpg

もう1つ今まで私が見てきた龍鬢表と山根さんの龍鬢表は織りにも歴然の差が有り、この違いでも床材に使用出来る可能性を見いだしました。

今まで私が見てきた龍鬢表は軽くて折り曲げると中の糸が見えるくらいの、い草の織込み出したがこの龍鬢表は織りも確りしていて密度が高いので折り曲げても縦糸が見えません。

IMG_6153.jpg

色も良い、フワッとした弾力、サラッとした肌触り・・・ますます 床に使いたくなりました。

まずは実験してみよう。


追伸
ここまで確り織上げるには縦糸の強化と小手の押しが強くなり、織上げる時にイ草に負荷が多く掛かり、ひんぱんにイ草が切れるんです、この切れる度に織機を止めて切れたイ草を抜かれる作業には頭が下がりました。


IMG_6170.jpg

良いものを届けたいという心意気を、山根さんから感じました。
ページトップへ